小学校入学準備 ドリルを使っておうちで小学校入学準備 おススメ4選

preparing-for-elementary-school

あんなに小さかったのに、あっという間に小学校入学の時期に。

「小学校入学」なんてまだまだ先のことだと思っている方も多いのではないでしょうか?

嬉しい反面、小学校に入学前のお子様が居るご家庭は、期待と不安で今から少しソワソワしていませんか?

幼稚園や保育園とは違い

小学校に入って決められた時間に机に向かい勉強をしなければいけないけれど、果たしてできるのだろうか?

と不安もあると思います。

また、勉強についていけなくて、小学校生活のスタートからつまづいてしまっては、お子様本人も辛いかと思います。

そこで、小学校入学準備に最適なドリルがあるのを御存じでしょうか?

小学校に入学すれば必須の授業といえば、「こくご」「さんすう」ですよね。

この2教科を先取りして学習することで、お子様本人も自信が付き小学校へ通うことが楽しく思えるはずです。

また、ドリルの中には生活習慣の確認ができる項目もありますので、鉛筆の持ち方などの学習以前の基礎の部分から一緒に取り組むことができます。

これから紹介する小学校入学準備のドリルを使って、お子様と一緒に楽しい小学校生活の第一歩をスタートになればと思います。

小学校入学準備にあたっておすすめのドリル4選をご紹介。

小学校入学準備 くもんのはじめてみましょう!小学校の入学準備ドリル

こちらのドリルは、小学校入学前に身に付けておくと良いとされている「生活習慣」「こくご」「さんすう」を楽しく学習することができます。

生活習慣では、正しい鉛筆の持ち方や、机に向かう正しい姿勢を意識する方法を紹介しています。

そして、シールを貼ったり書き込んだりと親子で楽しみながら、あいさつや生活リズムなどのテーマに沿った生活習慣を確認することができます。

入学までに身に付けておけば安心な「こくご」「さんすう」を学習できます。

ひらがな、数字の読み書きを入学前にマスターしておけば、つまづくことなく楽しく小学校生活をスタートできますよね。

他にも、カタカナや漢字、時計やたし算といったものを、他の子よりも一足先に学習できます。

対象年齢5歳・6歳
サイズ29.1x21x1㎝

小学校入学準備 ドリル 頭脳開発×学研教室 入学準備 2020年度版 (学研の頭脳開発)

2020年4月に小学校1年生になるお子さんにピッタリの本です。

本誌では、小学校に入ったら必須の「こくご」「さんすう」「せいかつ」を1冊で習得できます。

あの学研教室とのコラボ版なので、たし算学習もスムーズに習得できます。

別冊では「えいご」も学習できます。

英語は必須科目になるので、少しでも習得できれば初回からつまづく心配もありませんよね。

記載されているQRコードを読み込んでウェブサイトにアクセスするか、アプリをダウンロードすれば、かるたを使って発音を確認することもできます。

対象年齢5歳・6歳
サイズ28.8x20.4x0.8㎝

小学校入学準備 ドリル 6歳 入学準備さんすう 学研の頭脳開発

入学前に学習することで、勉強の分かる楽しさや、机に向かう習慣を身に付けることができます。

小学校入学前までに必要な「さんすう」を学習する教材です。

たし算」「ひき算」の基礎となる10までのたしひきの考え方を定着させ、慣れておくと次のステップになるくり上がり、繰り下がりのたし算ひき算がスムーズになります。

そして時計の見方も理解しておくと、小学校の授業時間なども把握できるので、入学しても時間のルールを守れるようになります。

対象年齢5歳・6歳
サイズ29.6x21x0.6㎝

小学校入学準備 ドリル 6歳 入学準備こくご 学研の頭脳開発

入学前に学習することで、勉強の分かる楽しさや、机に向かう習慣を身に付けることができます。

小学校入学前までに必要な「こくご」を学習する教材です。

ひらがな」では、シールなぞり書き書き3ステップで字を習得します。

形が単純なひらがなから4段階にわけて学習するので、書ける楽しさを実感することができます。

かたかな」では、遊園地やレストランなど場面別でカタカナを学習するので、想像しながら楽しく覚えることができます。

かんじ」では身の回りの親しみある漢字から習得していけます。

対象年齢:6歳

商品名:6歳 入学準備こくご 学研の頭脳開発

サイズ:29.6×21×0.6cm

対象年齢5歳・6歳
サイズ29.6x21x0.6㎝

小学校入学準備 ドリルを使っておうちで小学校入学準備 おススメ4選まとめ

小学校入学準備のドリルについて紹介しました。

小学校入学準備ドリルのメリットは

  • 鉛筆の持ち方などの基礎の部分を復習できる
  • 「こくご」「さんすう」の基礎を理解してお子様に分かる自信をつける
  • 時計の見方を学ぶことで、時間割の把握もできるようになる
  • 入学前に学習することで、楽しさや学習する習慣を身に付けることができる

以上4点。

小学校に入学するのは、少しお姉さんやお兄さんになるという気持ちがあり、また親から離れる第一歩となる出来事だと思います。

環境が変わることは、子供にとっては大きなストレスになりますよね。

そこに勉強という、大きな課題が待っていてつまづいてしまう可能性もあります。

ですので、小学校準備ドリルを使ってご家庭で事前学習をすることで、勉強の分かる楽しさを一緒に共有することが大切です。

ぜひ、お子様の小学校生活のスタートを楽しいものにするために、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました